ダイエットのコツ|理想のプロポーションはお尻から

更新日:

お尻の筋肉を鍛える

ダイエットに欠かすことのできないお尻のエクササイズ

女性にとって「ダイエット」という言葉は、生涯切っても切り離せないキーワード。
みなさんは自分のカラダの中でどこが特に気になりますか?
パーソナルトレーナーとして色んな方々と接していると、さまざまな意見を伺いますが、
お腹まわり・二の腕・太もも、この3つを気にしている方が特に多いです。

しかし、意外に気にしていないのが「お尻」特に若い女性ほどその傾向が強い気がします。
鏡や自分の目で見えにくいからかもしれませんが、
「脚の太さが気になる」という女性の体形をチェックすると、
脚の太さ以上にお尻が下がっているのが目立ったり、お尻が横に広がっているケースは少なくありません。

ボディメイクトレーニングにおける臀筋群の大切さ

お尻って自分では気づきにくいけれども、実は周りの人にはよく見えている部分。
薄いお尻は後ろ姿が貧相に感じられるし、垂れ下がったお尻は脚が短く見えてしまう効果が。
補正下着というものがありますが、それらの問題を修正するために、
お尻の脂肪や筋肉を真ん中と上方向に集まるつくりになってますよね。

パーソナルトレーナーの職業癖の一つで、ついつい歩いている人の体形や機能をチェックしてしまうことがあります。
とてもキレイな人だな、という第一印象でも後ろ姿を見てもったいないなって思ってしまうケースが少なからず見受けられます。
お尻を鍛えればプロポーションがもっとカッコ良くなるのに!と。

男性も同じです。一般的に男性は胸や肩、腕(上腕二頭筋)、腹筋を鍛えたがります。
自分でも変化が分かりやすいですし、まず先に目が行きそうな部位だからかもしれません。
だけど体の前面以上に、背中やお尻、脚部をしっかりと鍛えた方が、断然効果的です。
もっと後ろ姿や足腰の重要性に目を向けるべきだと思います。

健康と外見力向上には骨盤周りのトレーニングを

ボディメイクを進めていく上で、お尻のトレーニングは必須だと強く感じています。
もちろん、身体に必要のない部分などありませんから、優先順位はつけづらいのですが、
骨盤周りは運動の起点ともいえる場所で、機能的にとても重要な意味合いを持っています。

健康面から見てもお尻を鍛えることは大切です。
骨盤底筋を含む、お尻の筋肉を鍛えることは、尿もれの予防になるからです。
また、お尻周りの筋力が低下することで骨盤が歪み、腰痛の引き金になるケースもあります。

臀部のトレーニング種目は何種類もありますが、大抵の場合は、
お尻周辺の腰背部やもも裏(ハムストリングス)を同時に鍛えられるものが多いので、
後ろ姿全体を整えることができます。

背中やお尻、ももの裏(ハムストリングス)は、自分では見えないからこそ、年齢が出てしまうのかも知れません。
体の後ろ側をしっかりと鍛えることは、若々しさ、キレイをつくる上でとても大切なことです。

ぜひ定期的に自分の後ろ姿を鏡でチェックしてみてください。
背中やお尻のお肉が重力に負けて下がっていたら注意信号かもしれません。

人気記事

ガチ結果☆ブライダルボデイメイク 1

ブライダルボディメイク結果画像とレッスン受講感想 今回はブライダルボディメイクコースを終了されたUさん(31才OL)より、 結果画像と感想を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。 窪田さん、こんにちは ...

パーソナルトレーニング受講による本当のビフォーアフター 2

ビフォーアフター画像と感想 先日、クライアントHさん(49歳)が、レッスン開始直後と現在の画像を提供してくださいましたのでご紹介させて頂きます。 トレーニングを始めた頃、ご主人に「記念に撮っておいて後 ...

Men’s Stylish Body 3

スタイリッシュボディメイク|結果と考察 今回は男性クライアントさんOさん(42才)が提供してくれましたトレーニング結果写真と感想をご紹介します。 ・パーソナルトレーニングを受講したOさんコメント 仕事 ...

FM富士 4

FM富士パーソナルトレーニング企画番組結果 3月はラジオ番組の企画を引きうけることになりまして、 慌しい日々となりました。 企画は、パーソナリティーの女性が、パーソナルトレーニングにチャレンジして1ヶ ...

-ダイエット

Copyright© TRUE BODYMAKES , 2018 AllRights Reserved.